靴の選び方:腰痛は歩き方で緩和される

靴の選び方:腰痛は歩き方で緩和される

身体を鍛えるためにエアロビクスダンスなどレッスンに通い却って膝や腰を痛める人がいます。板床のような固いところで飛んだり跳ねたりすると、着地の衝撃が膝や腰に響くのです。ですから膝や腰に良い靴の第一条件は、靴底が厚くて、弾力性があるものです。他方、靴底が厚くなると、必然的に靴が重くなり勝ちです。
重くなると歩くだけで膝や腰に負担がかかります。だから第二の条件は軽いということです。
転倒して膝や足首を捻挫した時、足を曳ずって歩いていると膝や腰が痛くなります。そのため第三の条件は足の動きにあわせて良く曲がる靴であることです。
足の動きにあわせて良く曲がる靴を詳しく解説すると、つま先に十分ゆとりがあり、踵がしっかりと固定されていること、足と靴の接する面で窮屈感がなくて履き心地が良いこと、などです。これらを満たすのが膝や腰にとって良い靴ということです。

腰痛に効く!靴を選ぶ時のポイントを二つ

1)実際に履いてみて、つま先で軽く何回かジャンプしてみる。足としっくりと馴染めばよろしい。
2)夕方に履いてみること。朝より足は少し腫れているものです。
※足に良い靴の次は歩き方の問題です。
腰痛もちの人の靴底をみると一部の例外は除いて、殆んど同じような減り方をしています。踵の外側が酷く減っています。このような減り方は足、膝、腰の悪い人の靴です。踵の内側と親指の付け根は殆ど擦り減っていません。つまり外股で歩いているのです。これでは、仙腸関節、股関節、膝関節、足首の関に絶えず負担がかかります。仙腸関節、股関節、膝関節、足首の関節に負担がかかると腰に負担がかかるという悪循環になります。この歩き方を矯正することが必要です。その為には親指の付け根に力を入れて歩くのです。これが習慣になると股関節、膝関節、足首の関節の負担が除かれて仙腸関節が少しずつ正しい方向に矯正されていきます。外股で歩いていた時よりは、太ももが良く上がるようになります。躓くことが少なくなります。
試しに意識して小指側に力を入れて歩いてみてください。股関節、膝関節、足首の関節に負担がかかるのが良くわかります。親指の付け根に力を入れて歩くと身体全体が自然な姿になり、膝や腰の負担も軽減されてきます。辛い腰痛を再発させないためにも毎日頑張って歩いてください。

腰痛状態から騙し騙し運動を始め

暖かくなるとついウキウキして身体を動かしたくなってくるものですが、先月にぎっくり腰で痛めてしまった腰の治りがあまり芳しくなく、趣味のトレッキングも一時休まざるを得ない状況となっています。
その間全く身体を動かさない訳にもいきませんから、何か腰痛を気にせず身体に刺激を与えられるメニューは無いかと思案した結果、先週から市営の大型プールに通い始める事となりました。
水の浮力が体重の負担を帳消しにしてくれるプールの中はある意味快適なもので、腰のビリっとした痛みを感じる事なく比較的自由に下半身を動かせます。市営有料プールという事もあり時間制限があるのはちょっと痛いのですが、それでも限られた時間の中でじっくり水中歩行を行い、腰をケアしつつ鈍った下半身を鍛え直しているところです。

マッサージは腰痛効果もばっちりなんです!

私の通っている施設は市営には珍しくマッサージ師が常駐しており、気になればその都度プール上がりにマッサージを受けてゆく事が出来ます。施術料金も安心価格で大変有難いもの。私も早速先日疲れた腰回りを中心に施術を受けてきたのですが、プール上がりの疲れもあってか大変気持ち良く、終いには熟睡一歩手前までいってしまう程でした。聞くところによると酷いぎっくり腰には急な対処は禁物で、少しづつ身体を慣らしてゆくしかないとの事。私も夏のベストシーズンまでに何とか治ればよいか程度に考えていた事もあり、焦らず治してゆく事を心に決めたのでした。
腰痛とは言え急に腰を左右に曲げたりしなければ意外と外を出歩くにも支障にはならず、平地の多い自宅周囲のウォーキングなら比較的簡単にこなせます。あまり同じルートばかり繰り返しても飽きるだけで、時々今迄通った事の無い様なルートをあえて選び、じっくり楽しんでいます。歩いている中で次第に気分がハイになってくると、ついつい腰を痛めている事を忘れてしまい思わず腰に負担を掛けてしまうもの。その都度突然腰に痛みが走り、反省する事となる今日この頃です。

子育て主婦を悩ます腰痛をどのように対策するのか

若い頃は特に腰痛に悩まされたことは無かったのですが、やはり子育て中の今は、日々腰痛との戦いです。
特にうちの息子は2歳なのですが、16キロ超のビッグサイズ。
2歳になってもまだ「抱っこ抱っこ」と言ってくるし、自転車やショッピングカートの乗り降りを手伝ったりするのに何かと持ち上げないといけない場面も日常生活の中に多く、そういった動作の繰り返しで腰痛持ちになりました。
よく息子が、座ったり寝転がったりするフリをしてワザと「あーーー腰が痛い!!」と言っていて、どうやら私の真似をしているようで、無意識に私はいつも座ったり寝転がったりするときにそう言っているんだ、と気付かされました。
家事をしているときでも、特にお皿を洗っている前かがみの体制が一番腰にきますし、料理をつくっている最中の立ちっぱなしも辛いし、お風呂掃除をしているとき、子どもが散らかしたレゴを拾っているときなど、何かと腰が痛いです。。。
専業主婦の労働は、意外と腰を酷使しているのです。
腰痛改善のために、ストレッチやヨガをしたり、整体、マッサージ、いろいろ試しましたが、一時的に良くなってもまた何かのきっかけで痛くなります。
ゆっくりお風呂で温めるのも良いのでしょうが、子どもと一緒に入っているとなかなか湯船にじっくり浸かることもできません。
あんまり酷いときは、妊娠中に使っていたさらしを腰に巻くことも。
そんな中、友達に教えてもらったのですが、お尻の筋肉をほぐすとかなり腰痛が楽になります。
それから、膝に近い内ももを自分でマッサージするのも効果があります。
まだぎっくり腰までは、なったことが無いのですが、そのうち私も経験するんだろうな、と今からヒヤヒヤです。
子育て主婦の方は、みんな同じような悩みを持っているのでしょうか。
それとも単なる老化現象なのでしょうか。
この腰痛持ちの体質は治る日が来るのでしょうか。
腰に湿布を貼っている自分が、一気に老けたように感じます。

トラック運転手は腰痛を患いやすい。座りっぱなしの人の腰痛体験記

私は以前、トラックドライバーをしてました。21歳の時に入社して、約13年間勤めました。

主に運んでいた荷物は、不要になった紙類です。書類や新聞、雑誌などです。
一つ10kgから、重いものだと30kgぐらいの荷物を、手積み手下ろしする作業です。
遠くから、運び出さなければならなかったり、自分の身長よりも高い所に積まなければならなかったりと、結構な重労働でした。

そういう仕事なので、腰痛には気を付けてました。実際、同僚でも腰痛持ちの人は、数多くいました。
どうしても重い物を持つので、腰を痛めやすいんだと思います。持つ時に、足を伸ばした状態で上半身だけで持とうとするのは、良くないですね。
しゃがんでから、体全体で持つようにした方が、良いですね。

腰を痛める同僚の大体の人は、ぎっくり腰になっていました。

私は、なったことは無いんですが、ぎっくり腰って、大変らしいです。
まず、なったらそのまま動けません。歩くこともままならないです。あと、トイレも一人では、出来なくなるそうです。

一度見たことがあるんですが、ぎっくり腰になった同僚が、歩けずにおんぶされて、早退していきました。

私自身はというと、ぎっくり腰にはならなかったのですが、毎年忙しい時期になると、決まって腰が痛くなるようになりました。
ぎっくり腰ほどひどくはなかったのですが、歩く時は、足を引きずって歩くようになり、寝る時は、仰向けでは痛くて寝れないので、横を向いて、寝るようにしました。
中々、きつかったですね。

そんな腰痛も、仕事の忙しさが落ち着き、休みが取れるようになると、治っていきました。

聞くところによると、腰痛は体を休めれば治るようです。ただぎっくり腰は、一回やってしまうとクセにたなってしまうらしいです。
ひどい人は、靴ひもを結ぼうとしとしただけで、ぎっくり腰になった人もいます。

予防策としては、腹筋と背筋を鍛えて、腰を守ってあげると、良いみたいです。あとは、歩くと良いというのを、聞いたことがあります。

ともあれ、自分自身経験して、良く分かりましたが、腰は体の中でも、とても重要なんですね。漢字で書くと、右側は要と書きます。
まさに、体の要です。

大事にしなければいけないなと、実感しました。
なんと言っても、健康第一ですからね。

腰痛予防は日々の生活が大切です

腰痛ってなった事がある人は多いと思いますが色々な種類と痛みがありますよね。酷くなると、寝込んで1週間位布団から出られないなんて事も起こります。怖い腰痛ですが意外に原因は毎日の生活習慣だったりするのです。腰痛になりやすく慢性化する人にはある特徴があるのです。

・前傾姿勢でいる事が多い人、椅子に座る時に足を組む癖がある人、長時間座りっぱなしの仕事をしている人、重い荷物を持つことが多い人、肥満体型の人、運動が嫌いな人、これらに当てはまる項目が多い人は腰痛予備軍だったり、既に腰痛持ちの可能性が高いのです。

そういう私も全てに当てはまっていて昔から腰痛持ちなのです。

これ以外に、・布団が柔らかめ、湯船につかると腰が楽になる、きつい下着を付けているなども危ないようです。

腰痛の中でも、一番身近な腰痛がぎっくり腰だと思います。ぎっくり腰は、いきなりの衝撃とともに腰が強烈な激痛に襲われるのです。
ぎっくり腰になると日常生活にも支障がでます。私が会社員をしていた時に、フロアが全部仕切りがなかったのですがある営業マンがぎっくり腰に
なってしまった様でおばあさんが腰を曲げて歩いているようにヨロヨロと歩いていたのですが、本当に辛そうでした。

原因としては、筋肉疲労が一番の原因とされています。荷物などを持ち上げた瞬間になることが多いぎっくり腰ですが、いつも同じものを持ち上げても平気だったのに突然ダメになる事があるのですが、少しずつため込んでしまった筋肉疲労がある時限界を超えたと言う事なのです。

あとは、若い人やスポーツ選手に多い腰への負荷の掛け過ぎです。急な動きはぎっくり腰になりやすいのです。腰もびっくりしてしまうのでしょう。後は、骨格のゆがみも原因の一つです。
骨格がゆがむと骨格の周りの筋肉も負担がかかります。それが筋肉疲労を生み出しやがてぎっくり腰につながるのです。

いざ、腰痛を引き起こしてしまったら、まずは動けるようになるまでは最低限の生活を送るしかない様です。そのあと整体などやカイロでプロにお任せするのが安心だと思います。

腰痛予防のために意識してること

私は以前ギックリ腰になったことがあり、それ以来腰痛対策をするようにしています。
まず、一日に数回重たいものを持つことです。
普通は逆に重たいものを持たずに軽いものしか持たないようにし、腰への負担を減らすのが良策と思われますが、実は逆効果だったりします。
というのも腰は骨だけでなく筋肉も重要です。
腰を使わない生活をしてるとそれだけ腰の筋肉が弱ってしまいます。これは腰だけでなく体の筋肉すべてのことに言えます。
筋肉が弱くなってしまうとそれだけ腰骨への負担が大きくなりますし、日常生活をおくるのがやっと程度まで衰えてしまいます。
腰痛が気になって腰に負担をかけないようにした結果、腰痛が起こりやすい体になってしまいます。
こうならないように無理をしない範囲内で腰を使うようにしてます。

次に腰を使う場合は腰周辺に意識を集中するようにしてます。
片手でもてる程度の物を持つときでも、腰をかがめて持ったりする場合は手だけでなく腰に力を入れてもつようにしてるんです。
これは私が以前ギックリ腰になった時の原因だからです。
例え軽いものを持つ時でも油断をしてるとギックリ腰を起こしてしまうので、どんな小さいものでも腰を屈めたりする場合は腰に力を入れてギックリ腰対策をするようにしてます。

そして腰痛対策に腰付近のマッサージも時折行うようにしてます。
やり方は両手をそれぞれの腰に手を当てます。肘が外に突き出すて く の字みたいになります。
腰に当ててる手を背中の腰の方に回し、親指で背中側から腰を、人差し指の横側で腰の両サイドを揉み解すようにマッサージをします。
このやり方の良いところは横に寝そべったりせずに立った状態や座ってる状態でも出来ることです。

マッサージの頻度は一日一回とかではなく、ちょっとした作業をするたびに行うぐらいでしてます。
腰を使った時はもちろんですが、パソコンやテレビゲーム、車の運転など同じ姿勢を長時間続けた時にはするようにしてます。
また、その姿勢を長時間続けてる場合なら1時間に一回程度リラックス休憩を兼ねてマッサージしてます。
この方法だと手軽に出来ますし、一分もあれば十分マッサージ出来るので時間もかかりません。
とにかく腰へのダメージを蓄積しないようにすることが腰痛対策には一番だからです。

幸い上記の方法を取り入れてからギックリ腰はもちろん起こってませんし、腰痛も改善されました。

腰痛と仲良く付き合う方法を考えてみた

高校の頃、体育の授業中に腰が痛くなり病院に行くと「椎間板ヘルニアの疑いあり」との診察結果で、それ以来の腰痛とのお付き合いになります。高校、大学、就職とそのたびに腰痛は私と一緒に行動を共にしています。ここまで付き合いが長くなると、もはや痛いのは当たり前なので、さほど腰痛について真剣に悩んだりしなくなったような気がします。以前、テレビで「腰痛は気持ちの問題であることが多い」という内容の番組を見たことがあるのですが、あながちウソではないのかもと最近思っています。
 数年前までは、仕事の疲れがたまってくると確実にその疲れが腰の痛みへと変化し、定期的に整骨院へ行き、ブロック注射をして痛みを和らげるということをしていましたが、ここ最近は確かに痛いことは痛いのですが、あまり気にしないようにしています。それでも朝起きてベットから起き上がるときや洗面所で顔を洗うために蛇口の水を手で受け止めるために屈んだ瞬間などに「痛っ」と思うことはかなりの確率であるのですが、だからと言って「病院へ行こうかな」などとは考えないようにしています。というか、それが当たり前の状態なんだから気にしないようにしています。
 そうすると、実際には痛いときもあるのですが、以前のような耐えられない痛みというものが減ってきているような気がするのです。医学的には腰の骨の状態や筋肉の状態が以前とどのように違っているかなどはわかりませんが、確実にブロック注射は打たなくなっていますので、それだけでも腰の状態が改善されているのかなと思います。
 痛みがひどかった時、作業前に「腰ベルト」をしていました。腰がベルトにより保護され、固定されていることから作業時の痛みが軽減できるということで使用していたのですが、今考えてみると「腰ベルトをしているんだから腰は保護され大丈夫なんだ」という自己暗示的な要素もたぶんに好影響を与えていたのではないかと思います。むろん物理的な面での保護作用もあったとは思いますが。
 腰痛のことを考えて「どうしよう?」、「なんとかならないか?」と悩むより、あまり腰痛の事を考えないようにし、腰痛と仲良くすることも腰痛から解放される一つの方法なのかもしれないと最近思います。