マットレスのサイズの基礎知識~現役整体師が教えるマットレスのサイズと腰痛

マットレスのサイズの基礎知識!ダブルサイズは?

マットレスは大きさも寝心地に影響があります。

広すぎても部屋とのバランスがありますし、狭すぎると寝つきの悪さに繋がります。

マットレスのサイズもシングルからキングまで数多いですから、サイズ選びに迷うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、マットレスのサイズの基本やその中でダブルサイズにスポットを当ててご紹介してまいります。

マットレスのサイズには何がある?

では先ずはマットレスのサイズには何があるのかを詳しく見て見ましょう。

マットレスのサイズは全部で7種類あります。

シングルよりも小さいセミシングル・シングル・セミダブル・ダブル・ワイドダブル・クィーン・キングの7つです。

このサイズですが、メーカーによって幅や長さが微妙に違ったります。

縦の長さは細かいものではありますが、身長や体格にはその少しの差が寝心地の善し悪しを左右するかも知れませんから大事なことです。

但し、7種類の紹介であるところでは、セミシングル・シングル・セミダブル・ダブル・クーン・キング・ロングの7つとなっているものもありました。ワイドダブルとロングは特殊サイズのイメージがあります。

主なメーカーのマットレスサイズの比較

例えば、有名なフランスベッドのマットレスでは、縦の長さは195㎝。
ドリームベッドでは196㎝となっています。
ほとんどが195㎝ではあるのですが、トヨタベッドは197㎝と1㎝単位の差があります。
マットレスの幅のサイズは次のようになっています。

・セミシングル・・・フランスベッド:85㎝ ドリームベッド:97㎝
・シングル・・・フランスベッド:97㎝ 日本ベッド:98㎝ ドリームベッド:101㎝
・セミダブル・・・フランスベッド:122㎝ 日本ベッド:120㎝ ドリームベッド:122㎝
・ダブル・・・フランスベッド:140㎝ ドリームベッド:139㎝ トヨタベッド:141㎝
・ワイドダブル・・・フランスベッド:154㎝ ドリームベッド:150㎝
・クィーン・・・フランスベッド:170㎝ ドリームベッド:163㎝ トヨタベッド:163㎝
・キング・・・日本ベッド:180㎝ シモンズベッド:90㎝×2

キングではこちらの2メーカーのみで、シングル・セミダブル・ダブル以外はメーカーによってはないサイズもありますので、ご参考にして頂ければと願います。

基本的なマットレスサイズ

こうしたさまざまなサイズを踏まえて、ざっくりした基本的なサイズを目安とするならば、長さは195㎝、幅がセミシングル90㎝、シングル100㎝、セミダブル120cm、ダブル140㎝、ワイドダブル150㎝、クィーン160㎝、キング180㎝、ロング207㎝となっています。

キングサイズ以上は、ホテルのスィートルームや背の高い人用で一般家庭向きとは言えないサイズです。

マットレスのダブルサイズについて

ベッドでのダブルサイズと聞くとシングルベッドの2人分のように思われる方も少なくないのではないでしょうか。

マットレスもダブルと聞くとシングルの倍なのかと思いがちですが、そうではありません。

大体、マットレスのシングルサイズとダブルサイズの差は40㎝強となっています。

もしもシングルサイズかダブルサイズかを迷われた場合は、40㎝強の差を念頭に入れて選んで下さいね。

ちなみにその真ん中のセミダブルサイズはそれぞれと20㎝前後の差と覚えておきましょう。

ダブルサイズの認識

マットレスのダブルサイズは、当然二人用として使用します。

ゆったりとしたお子様を真ん中にして一緒に寝るには、ダブルサイズでは窮屈となります。

その場合はクィーンサイズが良いでしょう。

また、シングルサイズは一人用として一般的な訳ですが、体型や一人で寝る時もゆったりしたい場合はセミダブルがおすすめです。

ちなみに、一人用のゆったりサイズのセミダブルは、ダブルサイズの少し狭い二人用とも勘違いされますが、当然二人用としては窮屈で身動き取れなくなりますので気を付けて下さい。

ダブルサイズの金額

そして、気になる金額の差も押さえておきましょう。

マットレスのシングルサイズが仮に17,000円前後とした場合、ダブルサイズは24,000円前後となり、18,000円前後の場合は、27,000円前後を目安にお考え下さい。

もちろん、メーカーによって金額はそれぞれですが、マットレスのシングサイズとダブルサイズの差がかなりあるものと思っておきましょう。

有名メーカーではマットレスのダブルサイズは3万円からとも書かれており、ネット販売ではそれよりも安価にダブルサイズが購入できます。

マットレスは金額が高いのが良いのか、低くても良いのかと迷いますが、腰痛に困っているなどの体調によっても選ぶ基準が変わりますから、じっくりと検討される方が良いでしょう。

まとめ

このようにマットレスのサイズには統一の基準がありませんので、メーカーによってダブルサイズでも差があるということがお分かり頂けたことでしょう。

購入される際は、必ずマットレスのサイズを確認して下さい。

ご家庭に合ったダブルサイズのマットレスをお選びいただいて、居心地の良い眠りとなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です