何とかしたい!動くと痛い腰痛を現役整体師が徹底解剖!

何とかしたい!動くと痛い腰痛を徹底解剖

今、腰痛で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

動くと痛い腰痛は日常生活にも支障が出ますし、気分的にも滅入ってしまいます。

さて、動くと痛い腰痛と言っても、そもそもどういうものなのか、何故そうなってしまうのか、予防するにはどうすれば良いのかなど、今回は何とかしたい動くと痛い腰痛を徹底解剖しますのでご参考になさって下さい。

動くと痛い腰痛の正体とは?

動くと痛い腰痛、痛みの種類には大きく分けまして2種類あるとされています。

原因がはっきりしている圧迫骨折やヘルニアなど病院で検査をして数値やレントゲンなどに表れる腰痛と、検査をしても原因が分からない、特定出来ない腰痛の2つです。

この原因が分からないという腰痛の方が、全体の85%以上と大多数を占めています。

それだけ腰痛を取り巻く背景には、ストレスや普段の生活習慣なども関わってきていると言えます。

動くと痛い腰痛の原因は?

急激な動作や過度な運動

何か重いものを持ったという場合、急性腰痛と呼ばれるぎっくり腰になりやすくなります。

このぎっくり腰は、何気ない普段の動作の中でなることもあります。

例えば、咳やくしゃみ、急に後ろを振り返った時など、あっと思った時には腰に激痛が走っているという具合です。

そうした急激な動作や激しい運動は、腰に負担がかかり腰痛になってしまいます。

悪い姿勢

日常生活で、動くと痛い腰痛が考えられるのが悪い姿勢や長時間同じ姿勢でいることです。

デスクワークを仕事としている方は特に、同じ姿勢のままで長時間仕事をしていますから腰の筋肉に負担がかかっています。

例えば、普通にテレビを見るという時でも、中々真っすぐの姿勢で見る人の方が少ないですよね。

猫背になってしまったり、背もたれにすがって見ていたりと姿勢の悪いままで過ごすことの方が多いのが一般的です。

こうした悪い姿勢の蓄積が腰痛の原因になります。

内蔵疾患

内臓の病気があることで動くと痛い腰痛になっていることもあります。

これは注意しなければなりません。

腰回りの内臓に止まらず、腰から遠い場所の内臓のサインによって腰痛が起こることもあり得ます。

加齢による筋肉や骨の衰え

加齢の影響、こればっかりはどうしようもない原因なのですが、その世代ごとで筋肉や骨の状態は残念ながら衰退していきます。

骨がスカスカになってしまうという骨粗しょう症という病名は、よく聞かれるようになりました。

筋力も段々衰えてしまうことによって、腰により一層の負担がかかることになりますので、腰痛になりやすくなってしまうのです。

動くと痛い腰痛の予防法は?

腰が動くと痛いと、そうならないためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

ここからは動くと痛い腰痛の予防法をいくつかご紹介してまいります。

前述の原因と照らし合わせながら、順番に深掘りしてみましょう。

動作を見直す

思いがけないきっかけが腰痛の原因となることも多々あります。

なので日頃から自分が行っている動作を見直してみることも大事です。

腰痛予防においてすぐに実践出来ることは、腰に負担がかからないような動作を心がけることです。

例えば、長時間の同じ姿勢を避けるようにすること。

この場合、1時間に1回休憩を入れて腰を伸ばしたり、回したりストレッチを取り入れるようにしましょう。

また、重いものを持つ時はしゃがんでゆっくりと持ったり、中腰を避けたり、横になる時に海老のように丸まって寝たりするなどが挙げられます。ちょっとした心掛けで腰痛を予防することは出来ますから、頭の隅に入れておきましょう。

姿勢を正す

ごくごく当たり前のことのようですが、中々正しい姿勢を保つことが出来ないのが一般的な日常生活です。

腰痛になりやすい悪い姿勢は、特に座っている姿勢にあるとされています。

現代社会はパソコン、スマホ、携帯電話と発展が目覚ましく、切っても切れない必需品となっています。

それは同時に姿勢の悪さにも繋がっています。

背骨からのラインがS字になるのが理想的ですが、前かがみになることでそのバランスが崩れ腰への負担が大きくなる訳です。

座る時の姿勢は背骨を真っすぐに伸ばすことで、その際には腹筋を使うことになります。

腹筋に力を入れやすい方法として、足元に高さを作ってその上に足を置くようにするのです。

そうすると自然と腹筋に力が入るので、背筋を真っすぐに伸ばしやすくなります。

適度な運動

やはり筋肉の衰えは腰痛にとって大敵ですので、普段から運動をして筋力を強くしておく必要があります。

その運動も自分の体調やスケジュールに合わせた、無理のない運動を日常に取り入れることです。

地道にコツコツ続けていくことが大事なので、40代、50代となって今からでは遅いと思う必要もありません。

始めようと思った時が始め時で、そこから習慣付けて続けて行けば良いのです。

中高年で流行っているのが水泳です。

水中ウォーキングはその浮力によって腰に負担をかけずに鍛えることが出来ます。

お金もかからずいつでもどこでも行えるストレッチやウォーキングなどで筋力強化を図ることも重要です。

まとめ

普段の何気ない動作を腰に負担のかからないように心掛けたり、無理のない日々のストレッチ・運動を実践して筋力を強化していくなど、腰をケアすることは腰痛予防に効果的です。

自分で気を付けて出来ることを講じることで、動くと痛い腰痛に悩まされる心配もなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です