うつぶせ寝は腰痛に良いのか悪いのか現役整体師が徹底深掘り!

皆さまはどのような寝姿で寝られていますか?

大体が仰向けや横向きで寝ているとは思いますが、中にはうつぶせで寝ているという方もいらっしゃるかも知れません。

さて、このうつぶせ寝は腰痛を引き起こしやすいという説とうつぶせ寝こそ腰痛を治すには最適であるという説と分かれています。

今回はその両方を徹底的に深掘りしていき、それぞれの良さ、悪さをご紹介してまいります。

うつぶせに寝ることは腰痛になりやすい!?

そもそもうつぶせに寝るということは、正しい寝姿と言われるゆるやかなS字ラインからは程遠い姿勢と言えます。

うつぶせになることで、お尻が突き出た形となり腰が反る、いわゆる反り腰状態になってしまうのです。

人間は生活の中の大体3分の1くらいが睡眠時間です。

長時間横になった状態になり、それが反り腰になっていることで腰に負担がかかってしまいます。

それは腰だけではなく、前面が圧迫されることになりますから内臓にも悪い影響を与える可能性を秘めています。

うつぶせで寝ることが腰痛になりやすいポイントは、前述のように反り腰で神経を圧迫してしまうという点と、骨盤のズレが生じて悪影響を及ぼすという点と腰の関節にかなりの負担がかかってしまうという点の3つが挙げられます。

うつぶせに寝ることは、腰だけの問題ではなく、首や背中にまで影響を与えることにもなりますし、そのことは腰痛を悪化させることにも繋がりかねないと言えます。

うつぶせは腰痛に良いと言えるのか!?

次に前述とは真逆となりますが、うつぶせは腰痛に良いとされる方法があることも事実あります。

ではうつぶせは果たして腰痛に良いのか、どのようなものなのかを詳しく追及してまいりましょう。

うつぶせはぎっくり腰に良い?

ぎっくり腰は何かしらの刺激によって急激に来る腰の痛みです。

それは何でもない日常の行動でもなり得ます。

そしてぎっくり腰の場合、安静にした方が良い、動かしては絶対にいけないという先入観念が働きませんか?ですが、最近の調査研究によれば、ぎっくり腰でも動かした方が早く回復する可能性が高いとされているのです。

「ぎっくり腰を動かして治す」という言葉も見かけるほどです。

そこでぎっくり腰になった瞬間での1つの方法として、うつぶせの状態から少しずつゆっくりと腰を反らす体操が効果があるとされますのでご紹介します。

とても簡単で、先ずはうつぶせになってゆっくり深呼吸をします。

全体的にリラックスさせて3分間行います。

次に枕を胸の下に入れて、やはり3分間ゆっくりと深呼吸をします。

そして、ひじを90度に立てて上体を少し起こして息を吐きながら徐々に反らしていき、そのまま3分間深呼吸を行います。

無理のないようにしてここから更に腕を立てて息を吐きながら反らしていきます。

段階を経ながら腰を反らしていくという体操なのですが、ぎっくり腰になった時に、少しでも動かせるようになる裏ワザとして紹介されていました。

なので、このような方法もあるということからの裏ワザですから、その時のぎっくり腰の状態によってご判断頂く必要があります。

うつぶせで腰痛を治す健康本

うつぶせは腰痛に良いという著書もありました。

うつぶせで痛みのない体づくりというコンセプトの「痛みはうつぶせで治しなさい 腰痛、ひざ痛、肩こりのない長持ちするからだをつくるには」という著書で、内容を少しご紹介しましょう。

こちらもとても簡単なことで、うつぶせになって顔を左側に向けて、2分間お尻をただただリズミカルにユラユラ揺らすだけなのです。これだけ!?と疑いたくなりますよね。

二人の理学療法士が考案した通称「うつぶせユラユラ」で、長年の重い腰痛が改善されたなどの多数の体験談もこの著書に掲載されています。

興味を持たれた方は、購入されてみてはいかがでしょうか。

https://www.shogakukan.co.jp/books/09388480

ヨガによるうつぶせポーズで腰痛改善

ヨガの中にも腰痛を改善するポーズが多くありますが、こちらではうつぶせのポーズをご紹介します。

ヨガマットの上に縦に二つ折りしたブランケットを敷きます。

座布団を2枚重ねてその上にうつぶせになるというたったそれだけです。

両手は顔の下に置いて、両足はカエルのように少し曲げた状態にします。

ポイントは、体の力を抜くことと深呼吸。

そしてこのポーズで10分間キープ。

高さを調整しながら一番安定する形にすることが必要となります。

腰痛の時に腰の緊張をほぐすのに最適なポーズとすすめられていますので、気になる方は10分間のうつぶせポーズをお試しになって見て下さい。

まとめ

やはりうつ伏せと言う寝姿は、長時間では無理がありますが単発的に利用するということはあり得るのかなと言うのが結論です。

うつぶせは腰痛には悪いというイメージしかなかった方も、今回ご紹介した3つの方法論を知ることでうつぶせも良いこともあるとお分かり頂けたことでしょう。

腰痛時に効果的にうつぶせを取り入れて見てはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です