腰痛にならないための正しい歩き方って?現役整体師が解説!

何気なく普通にしている歩くという動作。

この歩き方に正しい歩き方があるのをご存知でしょうか。

今盛んに言われているロコモティブシンドローム、略してロコモ。

運動器の障害や衰えで歩行障害になるかも知れない状態のことを言いますが、正しい歩き方をするだけでその心配は軽減されます。

そのことは腰痛に悩む方々へも朗報なのです。

そこで今回は、腰痛を予防するべく正しい歩き方とはどのようなものなのかを徹底追及してまいります。

自分の歩き方をチェック!

それでは先ずは、自分の歩き方のクセをチェックしてみましょう。

今まであまり考えたことがなかったのですが、歩き方は靴のかかとにありと改めて思ったことがあります。

パンプスを履いていて、そのかかとの内側がすり減っていたからです。

かかとのどこかしらが多くすり減っているとしたら、それは真っすぐに歩いてないという証明になりますね。

とても簡単で分かりやすいチェック法ではないでしょうか。

もしも外側のかかとがすり減っていたとしたら、O脚の可能性大ですし、反対に内側のかかとでしたら猫背で歩いていたり、X脚が考えられます。

また、つま先だけすり減っていれば前のめりの歩き方、かかとだけすり減っていれば重心が後ろになっているスリ足の歩き方と判断出来ます。

いずれも足や腰に負担がかかる歩き方をしているということで、腰痛になりやすいと言えます。

中には足が歪んでいることもありますので、靴の減り具合で自分の歩き方を確認して見て下さい。

腰痛にならないための正しい歩き方

自分の歩き方のクセが分かったところで、次は腰痛を予防するための正しい歩き方をご紹介します。

腰痛にならないための正しい姿勢

当たり前のことと思われるかも知れませんが、出来そうで出来ないのが正しい姿勢です。

油断するとすぐに猫背になったり、前のめり、後ろに反ったりとなりますから、背筋は真っすぐを意識して伸ばすことがポイントです。

その時に部位によって気を付けることがあります。

目線は真っすぐ前に向いていること。

意識的には何メートルか先を見るようにしましょう。

そして、お腹に力を入れます。
所謂、腹筋に力を入れるということです。
と同時に、胸を張るようにします。

胸を開くという肩が内側に丸くならないように、後ろに開いた状態を意識しましょう。
これが基本的な正しい姿勢です。

腰痛にならないための正しい歩き方

基本的な正しい姿勢を保ちつつ、次は腰痛にならないための正しい歩き方を見てまいりましょう。

かかとから着地する歩き方をしている方は多いのではないかと推察されますが、そうすると前述のようにかかとの内側か外側かがすり減ってしまうことになります。

土踏まずも付けてしまうベタ足も良くないとすれば、どうやって歩けば良いの?と迷われるでしょう。

かかとで着地することは確かでそこから、足の外側、つま先と体重を移動させるような歩き方が正しい歩き方とされます。

その時につま先は上げるようにして真っすぐ前に向かせます。

肩幅くらいの歩幅を保ち、肩の力を抜いてリラックス状態で手を振りましょう。

ここで力んで硬くなっていては腰への負担が大きくなりますので、あくまでも肩のように力を抜くところ、腹筋のように力を入れるところをはっきりと自分の中で意識しながら歩きましょう。

この意識を持つ、持たないで随分と歩き方の違いが出てきます。

また、前に足を出した時の膝も曲げたままにならないようにして、膝を伸ばした状態で歩きましょう。

これまで全く意識していなかった歩き方になりますので、最初はキツイかも知れませんが、この正しい歩き方を習慣とすれば楽に出来るようになります。

正しい歩き方はストレス改善にもなる!?

正しい歩き方を長く実践することで、心にも好影響が現れてきます。

正しく美しい歩き方は、それだけで心地よさが湧いてきます。

うつむかず前を向いて、真っすぐ先を見据えて歩く、全て前向き幸せオーラを醸し出していますよね。

正しく歩くことで、脳内の痛みを緩和させる成分やストレスを緩和させる成分がどんどん分泌することで、より楽しく歩くことが出来ます。

腰痛に悩まされている方も、自分のペースで無理のない正しい歩き方をすることで、腰痛を気にせず歩くことが可能になりますから歩くことが嬉しい、嬉しいからずっと続けようという気持ちが強くなる、強くなるから意欲も高まる、このような好循環となるのです。

まとめ

正しい歩き方は、特に難しいことは何もありません。

日々の習慣にするだけで日頃の姿勢も正されて、益々腰痛の苦しみとさよなら出来るかも知れませんよ。

今日から背筋ピンと真っすぐをイメージし速足にならないよう気を付けて、リラックスして楽しく歩きませんか?ほんの少しでも歩き方を意識しただけで、腰痛になることを防いでくれたり、腰の痛みが和らいだりすることが期待出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です