温泉は腰痛に効果があるの?現役整体師が真実を解説!

腰痛に温泉は効果があるの?腰痛に効く温泉地は?

温泉は心も体もほっこりと究極の癒しではありますが、腰痛には効くものなのか、腰痛に効果的な温泉はあるのでしょうか。

今回は腰痛と温泉にスポットを当てまして、温泉効果を深掘りすると共に腰痛に効くと言われている温泉地をご紹介してまいります。

温泉の役割とは?

そもそも温泉というと真っ先に浮かぶのは湯治です。

温泉にはさまざまな効能があるとされますが、湯治とは温泉宿に長期宿泊をして温泉の効能で体を整えていくという病気治療、療養を行うことを言います。

昔の方々は、何日も歩いて遠い湯治場まで通ったりしていたのです。

それだけ温泉は治療の役割を果たしていたと言えるでしょう。

温泉の腰痛への効果効能とは?

お風呂に入るということ自体、浮力によって体が軽くなって楽になる、温め効果で血行が良くなり血液循環も活発になる、神経系の活性化で神経伝達が良くなる、基礎代謝が上がるなど、良いこと尽くしです。

また、筋肉への負担が減ってほぐれると同時に、心もほぐしてくれるのがお風呂の醍醐味ですね。

腰痛で悩まされている場合、普段の入浴でも痛みの緩和が期待出来ることはこのことからもお分かり頂けることでしょう。

そのお湯が温泉となると、より効果効能が期待出来ること間違いなしです。

温泉にはさまざまな泉質や種類があります。

腰痛に効果的な泉質としてポピュラーなのが、単純温泉や塩化物泉と呼ばれるもので、他にもアルカリ性単純温泉などいつくかありますから、次にそれぞれの泉質の特徴をご紹介しましょう。

単純温泉

刺激が少ないので、子どもからお年寄りまで幅広く利用できる温泉。

ほとんどの単純温泉は無色透明で無味無臭。

また、温泉水1㎏の中にミネラル分が1000mg未満の基準があります。

Ph(液性)7.5以上で、温度が25℃以上のものは単純温泉となります。

特にph7.5以上は弱アルカリ性単純温泉と呼ばれ、美肌効果が期待出来ます。

旧名は全て単純温泉という表記でしたが、その中でもアルカリ性の強弱が示されるようになりました。

塩化物泉

熱の湯と呼ばれるほど温まる効果の高い温泉。

ここで挙げました温泉の中でおすすめの腰痛に効果が期待出来る温泉です。

塩化物泉は、主成分が塩素イオンとナトリウムイオンで食塩泉とも呼ばれています。

温泉水1㎏の中でミネラル分が1000mg以上という基準があります。

ちなみに陰と陽のイオンがありその主成分が前述の2つで、そこからさらに細分化されナトリウムー塩化物泉、ナトリウム・マグネシウムー塩化物泉、ナトリウム・カルシウムー塩化物泉となるとのこと。

日本で比較的多い泉質で、海に近い温泉はナトリウムー塩化物泉であることが多いようです。

アルカリ性単純温泉

単純温泉の中でphが8.5以上のものをアルカリ性単純温泉と呼びます。

保湿効果にすぐれ、肌触りが良く肌がすべすべするとのこと。

二酸化炭素泉

二酸化炭素泉は、以前炭酸泉と表記されていましたので、未だに温泉場によっては炭酸泉となっているところもあるようです。

温泉水1㎏の中に二酸化炭素が1000mg以上含まれているものが基準となっています。
日本では比較的少ない泉質です。

この二酸化炭素泉は、血管を拡張させる働きが高いとして腰痛に効果的な温泉と言われています。

イメージしやすいのは炭酸泉のネーミングで、入浴すると気泡が生じます。

血液循環を改善しますので、慢性の腰痛にはかなり期待出来ます。

硫黄泉

こちらも腰痛に効果的な温泉として効果の高い温泉です。

湧出する時には無色透明ですが、空気に触れることによって白濁色となります。

香りと言うより匂いと言った方が良いような、硫黄独特の卵の腐ったような刺激的な香りがします。

温泉水1㎏の中で総硫黄が2㎎以上含まれているのが硫黄泉の基準です。

大分県の別府温泉を思い浮かべるとイメージしやすいでしょうか。

昔ながらの最も温泉らしい温泉が硫黄泉です。

日本では比較的に多い泉質と言えます。

腰痛に効果的な温泉はどこ?

「全国の温泉地」サイトの中で、腰痛に効く温泉として紹介されているものをここでご紹介します。

北海道エリアでは、十勝川温泉、羅臼温泉、東北エリアでは蔦温泉(青森)、秋保温泉(宮城)、北陸甲信越エリアでは瀬波温泉(新潟)、和倉温泉(石川)、山代温泉(石川)、九州エリアでは指宿温泉(鹿児島)となっています。

https://special.mapion.co.jp/onsen/kounou/1/

ちなみに泉質ランキング50の上位を参考までにご紹介しましょう。

1位 草津温泉(群馬)・・・酸性泉、日本三名泉の1つ、腰痛にも良い
2位 下呂温泉(岐阜)・・・アルカリ性単純温、腰痛にも良い
3位 有馬温泉(兵庫)・・・鉄分を含む茶褐色の金泉など多くの成分が混合、腰痛にも良い
4位 別府八湯(大分)・・・別府市内にある八か所の温泉地、腰痛にも良い
5位 登別温泉(北海道)・・・硫黄泉、腰痛にも良い
6位 指宿温泉(鹿児島)・・・塩化物泉、ここでも指宿はランクイン

http://rurubu.travel/theme/senshitsuranking/

まとめ

全国的にも腰痛に効果的な温泉は数多くあります。

今回お届けした温泉もご参考にして頂いて、ご自分の近場で腰痛に効果的な温泉が見つかれば良いですね。

泉質ランキングの6つの温泉は、代表的な温泉と言えますから幅広い効果効能が認められていますので腰痛にも期待出来ます。

腰痛に悩んでいる皆さま、これを機会に湯治として温泉地に足を運ばれてみませんか?忙しい日々にほっこりゆったり温泉をお楽しみ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です