腰痛の時お風呂に入っても良いの?現役整体師が解説!

腰痛の時お風呂に入っても良い?悪い?お風呂のケア方法

疲れをとる、血行を良くする方法として、ほとんどの体の不調時にお風呂は効果的というイメージがあります。

では腰痛の時にお風呂は入っても良いのか、悪いのかという疑問が湧いてきます。

腰痛によっては温めた方が良い場合と血行が良くなることで余計に痛みが増すという場合もあります。

さて今回は、腰痛の時にお風呂に入っても良いのかという分析と腰痛時にお風呂に入るとしたらどのようなケア方法があるのかをご紹介します。

お風呂に入って良い腰痛とは?

腰痛には大きく分けて2種類があります。

原因が特定できる腰痛とレントゲンや数値に現れない原因不明の腰痛の2つです。

腰痛のほとんどが後者の原因不明の腰痛とされており、ストレスや疲労、慢性的な腰痛はお風呂に入った方が良いとされています。

腰周辺の筋肉が硬くなっていたり、硬くなることにより血行が悪くなるので腰痛がひどくなることもあります。

何もしなくても何となく腰が痛いこともあるでしょうし、運動をしたことによる筋肉疲労によって腰痛になることもあるでしょう。

このような場合、お風呂に入ることは筋肉をほぐしたり、血行を良くする効果があるのでお風呂に入る方が良いと言えます。

体が温まることでリラックス効果もありますから、心にも腰痛にもお風呂は最適なのです。

お風呂に入って悪い腰痛とは?

それではお風呂に入ると悪い腰痛とはどのような腰痛のことを言うのでしょうか。

ぎっくり腰などの急性腰痛はお風呂に入らない方が良いとされます。

それも急性腰痛になったばかりの最初のみです。

急性腰痛の場合、腰の筋肉を痛めていたり炎症が起こっていたりすることが多いとされます。

炎症が起こっているということは、痛みが酷いと同時に熱を帯びているとも考えられますので、温めるのではなく逆に冷やす対処をしなければならないためです。

最初に記したように、何があってもお風呂は欠かせない、お風呂に入ることはどんな場合でも楽になれるというお風呂神話が一般論としてあるのではないでしょうか。

お風呂に入ることで腰痛が治まると勘違いしがちですが、ぎっくり腰などの急性腰痛になった当初は、お風呂好きの方もしばし我慢をして頂かなければなりません。

お風呂に入った後で、より腰の痛みが増してきたという声も多く聞くからです。

どうしてもさっぱりしたい方はタオルで体を拭いたり、動ける方はシャワーで留めるようにしましょう。

腰痛の時の効果的なお風呂ケア方法

腰痛の時にお風呂に入る効果的なお風呂ケア方法を具体的に見て見ましょう。

ぬるま湯に長めの半身浴タイム

腰痛の時はあまり熱いお風呂はおすすめ出来ません。

熱いお風呂は血液の循環が良くなりすぎて、反ってお風呂上りに疲れが出たり、心臓に負担がかかることも懸念されます。

なので、38℃前後のぬるま湯に浸かることをおすすめします。

そして肝心なのが半身浴であること。胸の下までのぬるま湯に20~30分浸かります。

慢性腰痛の場合、自律神経の乱れが原因の1つということも多くあります。

ぬるま湯によって副交感神経が優位になり、心も体もリラックスさせる効果を実感できるのです。

自律神経のバランスを日々保っていくことは中々難しいことですが、腰痛を改善するだけでなく1日のリセットをするためにも、半身浴タイムを楽しみませんか?

入浴剤の活用

今や、どれだけの入浴剤がドラッグストアなどに並んでいることでしょう。

これだけ多いと選ぶことも迷ってしまいますね。

腰痛の時にはどのような入浴剤が良いのでしょうか。

腰痛には炭酸ガスが効くと聞きます。

何故なら炭酸ガスには温浴効果を高める働きがあるとされるからです。

この炭酸ガスは、末梢血管を拡げ血流を良くして増量する作用があります。

程よい血行促進によって、腰痛で悩む方の強い味方になるという訳です。

ちなみにランキングなどで上位になっているおすすめの入浴剤は、バスクリンのきき湯シリーズからマグネシウム炭酸湯。

温浴効果に優れていると高評価で価格も手頃です。花王のバブシリーズから高濃度炭酸湯メディケイティッド。

通常のバブの10倍の泡が温かく体を包み込みます。温泉成分も入っているとのこと。

入浴剤は香り効果も期待出来、このことも心に腰痛にかなりの影響を与えます。

今の入浴剤は香りも数多く揃えられていますから、ご自分の好きな香りで腰痛を和らげましょう。

お風呂でストレッチやツボ押し

お風呂に入って血行が良くなるところに、軽い腰のストレッチを加えることでより効果を期待することが出来ます。

お風呂に入ることで硬くなった筋肉もほぐれていますし、浮力で腰への負担も軽くなりますので、合わせ技で効果アップが臨めます。

例えば、お風呂に浸かって、上体を左右にゆっくりひねる腰ひねりストレッチやふくらはぎの真後ろ(委中)を押すというツボ押しなどがあります。

無理のないように自分の腰痛の状態に合うお風呂ストレッチ・ツボ押しを行いましょう。

まとめ

急に腰痛になった時以外はお風呂に入っても差し支えないというのが今回の結論です。

腰痛になりますと動かすことを恐れる傾向にあるのですが、最近では動かした方が逆に治りが早いとされています。

腰痛になるとお風呂もままならないと重たい腰を上げられないかも知れません。

急に腰痛になった時以外はむしろ、お風呂で腰痛を緩和させたり、心身ともにリラックスさせたり出来ますよ。

腰痛時でもバスタイムを至福のひと時としませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です